rambling rose

アクセスカウンタ

zoom RSS サウルの息子

<<   作成日時 : 2016/03/29 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所にて処刑や死体処理を手伝うゾンダーコマンドとして働くユダヤ人サウル。ある日彼はガス室でまだ息のある少年を見つけ・・




画像



最近では珍しいサイズのスクリーン、
見えそうで見えない背景、
ちょっとそこ、その後ろ頭ジャマなんですケドー

映画館ではノメラーNG!
帽子もナシよ!
頭頂部おだんごヘアももってのほか!
頭頂部薄い方も散らかさないでなでつけてね!


・・いや・・
そうじゃなくて・・
観客のせいで観づらかったんじゃなくて・・
だからヅラじゃなくて・・( ̄∇ ̄;


小さい枠(スクリーン)とか
主人公目線(背後から目線)とか
背景ボカしまくりとかで
中盤まではあまり気持ちが入り込まなくて
ただ淡々と見ていました・・・

が!


それ以降に何かが加速・・
・・・・・!

そしてあのラスト・・!


な・・・・なんてこったい・・!(´;ω;`)ぶわわわわ


思わず一言・・

Why am I crying〜!?(´;▽;`)

いや、それは言わんかったけど (´;▽;`)Σ\( ̄ー ̄;



心震える作品でした。
感動を説明するもっと適切な言葉を見つけきらないので、
とりあえず、

狭いしボケてるし見えんし迷惑だし!(全て褒め言葉)

・・ってコトで。


画像



★DVD情報はまだありません。

ブログパーツ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サウルの息子」
「Saul fia」2015 ハンガリー ...続きを見る
ヨーロッパ映画を観よう!
2016/03/29 23:53
サウルの息子
1944年10月、ハンガリー系ユダヤ人のサウル(ルーリグ・ゲーザ)は、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所でナチスから特殊部隊“ゾンダーコマンド”に選抜され、次々と到着する同胞たちの死体処理の仕事に就いていた。 ある日、ガス室で息子らしき少年を発見したサウルは、殺されてしまった少年を正式に埋葬しようとするが…。 ...続きを見る
心のままに映画の風景
2016/04/14 22:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
サウルの息子 rambling rose/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる