rambling rose

アクセスカウンタ

zoom RSS ガール・オン・ザ・トレイン

<<   作成日時 : 2017/01/17 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

離婚による心の傷が癒えずアルコールが手放せなくなってしまったレイチェル。唯一の慰めは通勤電車から見える一軒の幸せそうな夫婦の姿だった。だがある日、いつもの車窓からその妻の不倫現場を目撃してしまい・・




画像





最近お気に入りのブラント目当てだったんだけど、
んで、ブラントももちろん良かったんだけど、
今回一番印象に残ったのはこの人だったかな。

画像


セクスィ〜担当
もとい、
幸せそうな夫婦・・の妻担当・・のヘイリー・ベネット。

画像

彼女の中でうごめく純子とビチ子が絶妙でした。(謎)





画像

あれっ・・
なんだか松本薫にも見えて来たぞ?( ̄∇ ̄;(ますます謎)





なにはともあれ、
色々あっても人生前向きに進んでいくしかないよね;;
電車の座席だって
進行方向向いてる方が気持ちいいしね!
ああ人生は謎だらけ〜♪





★DVD情報はまだありません。
本作って話題になった「ヘルプ・・」(未見)の監督さんだったのね。
面白い所では、コレ↓には俳優として出演していたらしいよ。
どんな役だったのか全くわかりませんが・・(^^ゞ

ウィンターズ・ボーン スペシャル・プライス [DVD]
Happinet(SB)(D)
2014-04-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウィンターズ・ボーン スペシャル・プライス [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログパーツ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ガール・オン・ザ・トレイン」
エミリー・ブラント渾身の作品。そして終始緊張を強いられる。エミリー・ブラントと共に、緊張感溢れる想像力の旅と記憶の旅を彷徨うのだ。マンハッタンへ行って帰る電車に乗って。エミリー・ブラントは揺るぎない主役なのだが、物語は3人の女性を軸に展開する。レイチェル(エミリー・ブラント)、アナ(レベッカ・ファーガソン)、メーガン(ヘイリー・ベネット)。ニューヨーク郊外の湖のほとり、瀟洒な一戸建てに住む人々を、レイチェルは毎日の通勤で電車の中から見やっていた。注目している家は2軒。1軒は、美しい女と洒落た男が... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/01/24 17:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ガール・オン・ザ・トレイン rambling rose/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる