rambling rose

アクセスカウンタ

zoom RSS 人のセックスを笑うな

<<   作成日時 : 2011/10/01 15:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

みるめが通う美術学校の講師としてやってきた年上のユリ。ある日彼女から絵のモデルを頼まれたみるめは、すっかり恋に落ちてしまう。




始まる時に出たタイトルは、don't laugh at my romance だった様な?
なんで日本語にするとこんなタイトルになるの?(逆か?)
主人公の男の子の名前・・みるめ、て何〜?
女を見る目が出来る様に命名されたん〜??Σ\( ̄ー ̄;
そんな妙な名前だったので、てっきりコミックが原作かと思ったら違ってたみたい。

で、本作・・
とにかく、「2人」・・の空気〜世界を堪能する作品でした。

2人・・それは主人公とサユリ(ユリ)であったり、
あるいはサユリとえんちゃんであったり・・
みるめと某のきなこ餅食べるシーンとか、
堂本君とえんちゃんの最後のシーン・・とか・・。

そんな空間と俳優が皆とても自然な雰囲気でとても良かったので、
さして劇的な展開がある訳でもない物語なのに(笑)思ってた以上に楽しめました。
特に印象的だったのは・・
サユリがみるめの上をウロウロする所(笑)なんかもだけど、
やっぱりさっきも書いたけど、えんちゃんの○○の・・
あの蒼井優ちゃん、サイコーやん!?素晴らし過ぎる!(笑)

ただ、結局、彼らはどうなるの?
・・って思ってたら、最後にあの一言が〜。
自分の不安をナシにされる程のインパクトはあったけど、
ちょっとズルいやり方な感じがしないでもなかった。
(注:ここは原作と同じなのだそう。文字世界は文字で終わらせても映画は・・??)

2人でいる空間・・を楽しんでいても、
決して2人が同じ想いを抱いてるとは限らない。
2人が別々の空間にいても・・
決して同じを想いを抱いていないとも限らない。

思いがけず好感持てた作品だったので、
この監督さんの(何となくスルーしていた)「犬猫」も見たくなりました。(^^ゞ

あ、そうそう! 
えんちゃんが展示会に行く時に着てたフード、しっかりパッチだった!
しかし、何のパターンだったか忘れてしまった!なんてこったい!
こんな、(ちょこっとパッチな洋服でなく)
キルトをそのまま外出着にしてるのって超珍しいのに・・不覚・・!


(監・脚)井口奈己 (脚)本調有香 (原作)山崎ナオコーラ
(主)松山ケンイチ 永作博美 蒼井優 忍成修吾 温水洋一 市川実和子 藤田陽子 MariMari あがた森魚


人のセックスを笑うな [DVD]
Happinet(SB)(D)
2008-07-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人のセックスを笑うな [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログパーツ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
人のセックスを笑うな rambling rose/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる