2017年rambling rose映画賞

大変遅くなりましたが(恒例の枕詞)2017年のつるデミー賞を発表致します。




画像



★作品賞(いつも通り3本。順不同。)

「パターソン」
画像

(監)ジム・ジャームッシュ
(主演)アダム・ドライヴァー ゴルシフテ・ファラハニ ネリー(犬)
詩心なくても日常が愛おしく感じられたので。



「婚約者の友人」
画像

(監)フランソワ・オゾン
(主演)パウラ・ベーア ピエール・ニネ
王道と見せながらもオゾンらしさに溢れていたので。



「ノクターナル・アニマルズ」
画像

(監)トム・フォード
(主演)エイミー・アダムス ジェイク・ギレンホール
とにかくハマった。冒頭から。(え)



※最終選考まで残った作品
「残像」
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」
画像

画像


***-----***-----***-----***-----***-----***-----***

★女優賞
イザベル・ユペール 
「エル ELLE」
画像

とても還暦過ぎてるとは思えなかったので。
そればっかり言うなとハタいて欲しくなったので。


【次点】エイミー・アダムス 
「メッセージ」「ノクターナル・アニマルズ」
過去から未来から現在から
色んな顔で時をかけてくれたので。


他には・・
ジェシカ・チャステインも良かった。
録画してたTVポワロのオリエンタル急行の回にも出てたし、
賞を差し上げたかった!(←関係なし・・てか去年からまだ見とる・・)
それはそうと、ジェシカはチャステインなのね。
ついこの間までチャスティンだと思ってた!し、
これまでずっとチャスティンって書いてた!(死)
でもみんな最近までチャスティンって言ってなかった?
いつから正しく発音(表記)し出したの?
言ってよ~それ。W・ベイティはもう許すからさあ。( ̄∇ ̄;


★男優賞
ライアン・ゴズリング 
「ラ・ラ・ランド」「ブレードランナー 2049」
画像

人間でもレプリカントでも基本寡黙ってのが板についてたから。
今度はゾンビで寡黙の幅を広げてほしい。


【次点】マイケル・キートン 
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」
顔面だけでザ・アメリカンだったので。(ジですかね?)


他には・・
ケイシー・アフレックも良かった。
別にポワロには出ていなかった。(←関係なし)


★監督賞
トム・フォード
「ノクターナル・アニマルズ」

とにかく色んな意味でそのセンスに驚かされた。
これから追っていきたいと思うけど、
万一これっきりでも(2作目だけど)
万一次ズッコケても(死語)
本作にこれほどハマらせてくれたので全然OK。


【次点】ジム・ジャームッシュ 「パターソン」
地味映画推進委員会の”地味映画”として
オススメさせて頂きました。
ここでナンですが、今までのオススメ地味映画を
このブログの方に改めて順次UPしていきたい
と思っていますので宜しくお願い致します。

***-----***-----***-----***-----***-----***-----***

≪各賞≫

★泣いた~で賞
「幸せなひとりぼっち」
ラスト号泣・・。
偏屈オヤヂに共感し過ぎな自分・・。

【次点】「T2 トレインスポッティング」
再び彼らに会えて嬉し泣き~(≧∇≦)←笑っとる


★笑った~で賞
「T2 トレインスポッティング」
健在だったベグビーのキレ芸に爆笑(TT▽TT)←懐かし泣き

【次点】「ジグソウ:レガシー」
あんた生きとったん?!( ̄□ ̄;
・・とつい思ってしまった自分に苦笑。
ゾンビになって出て来るかも?
・・とマジで思ってしまった自分ドンマイ・・(-_-;)


★ナイス・ガイで賞
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のリー。
シンプルに、この人好き、と思った。

【次点】「ラ・ラ・ランド」のセブ。
歌って踊ってピアノも弾いて・・
あとは四回転ジャンプ跳べれば完璧。(いつもの条件・・(*^-^)ニコ)


★素敵な女性で賞
「たかが世界の終わり」の嫁。
あのウザい兄にこんなデキたヨメがいるなんて!
・・たかが男女のフシギ・・。

【次点】「パッセンジャー」のオーロラ。
クライマックスの奮闘と絶叫が良かった。

※おまけ 「パターソン」のローラ。
こんなチャーミングな奥さんなら
ギターどころかピアノでもドラムでも
パイプオルガンでも国会議事堂でも買ってあげちゃうよね!


★アテクシらは「素敵な女性で賞」ではないのかしら?賞
「エル ELLE」のミシェル。
素敵です!
充分素敵です!
59歳くらいには見えます!

【次点】「女神の見えざる手」のエリザベス。
素敵です!
全然素敵です!
唐突なこの賞はロビー活動の成果ですたぶん!


★チーム・ワーク賞
「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」の皆様。
女豹じゃないエヴァ(ハヤブサだし)率いる
昔話を思わせる様な特技チームが楽しかった。

【次点】「はじまりへの旅」のご一家。
父(一応)リスペクトな子供達が可愛い。
私もこそっと混ざってみたい。(子供がえり?;;)


★たった一人でよく頑張りましたで賞
「パッセンジャー」のジム。
その後あんな酷い事に・・だけど、
あえてその独りきりの時間だけはお察しします。
ババヌキすら出来ない、想像を超える孤独と不安・・。

【次点】「ノー・エスケープ 自由への国境」の主人公。
次チャレンジする人は食料をお忘れなく。
ホネッコとか。(そっち・・てかホネッコて食料なのか?)

※おまけ
「ゲット・アウト」の主人公も・・ねぇ。
でもアカデミー賞にノミネートされたから
ここでは「おまけ」の位置でヨシとした。( ̄‥ ̄)


★トラウマになりそうだったで賞
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
良い作品だなあと思いながらも
辛すぎる内容にどこか防衛本能が働いたので。
ケイシーもトラウマ級の好演。(笑)

【次点】「ゲット・アウト」
主人公、婚期が遠のかなきゃいいけど。


★あんたほんとにそれでいいの?賞
「スプリット」の主人公。
ピンなのかコンビなのかトリオなのかチームなのか
何にしても鋼鉄ジーグに謝って欲しくなったので。

【次点】「たかが世界の終わり」の兄。
ウザい。


★騙されたで賞
「ジグソウ:レガシー」
それでもあなたについていきます。(←洗脳され済み)

【次点】「ネオン・デーモン」
美人はこうして作られる。

※異議アリ!
わしらに比べりゃなんてことないじゃろ!
by「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」のマクドナルド兄弟

いいえ、私に比べりゃなんてことないわよ!
by「パッセンジャー」のオーロラ


★音楽賞
「ラ・ラ・ランド」
男(音楽)と女(映画)はこれからも持ちつ持たれつ、
良い関係を築いていってほしいと思ったので。

【次点】「ベイビー・ドライバー」
音楽の使い方が新鮮で心地よかった。
音楽ウトくても楽しかったので。

※おまけ
「パターソン」のローラ。
まさかあのセピデーの歌声を聴けるなんて!
しかもめっちゃキュートで更に惚れた。


★映像賞
「残像」
画像

ワンシーンの説得力にこれぞ映画、
スクリーンで観られて良かったと思えたので。

【次点】「たかが世界の終わり」
何気ないキラキラが心に残ったので。

※おまけ
「T2・・」のボイル映像も健在♪で良かった。


★ファッション賞
「婚約者の友人」
画像

この時代のファッション素敵。
帽子の似合う女性っていいなぁ羨ましいなぁ・・トオイメ。

【次点】「ノクターナル・アニマルズ」
自分のブランドを一切使わなかった
監督のこだわりに天邪鬼は共感。


★Z賞(いわゆる残念賞)
「ありがとう、トニ・エルドマン」
それほどZって訳でもなかったんだけどね、
むしろ前半はとっても面白かったんだけどね、
後半失速・・と言うか、単に肌に合わなかったと言うか。
単に肌の露出が過ぎたと言うか。(何)
あと、ブルガリアなのかルーマニアなのかも
はっきりしてほしい。(笑)


★掘り出した(いわゆる掘り出し物)で賞
「幸せなひとりぼっち」
偏屈オヤヂにしてやられたので。
あざと可愛い心くんにもいつもしてやられてるので。

【次点】「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」
ほたってた編み物をまた編もうと言う気にさせられたので。


★特別賞
「パターソン」のマーヴェリック。
画像

とにかく可愛いかったので。
あれ?前回の特別賞は「羽生結弦」だったような・・
今回は犬かい!・・みたいな。(爆)


なにはともあれ、
最後までお付き合いありがとうございました。
2018年も面白い映画に出会えます様に!
今年もどうぞ宜しくお願い致します。


ブログパーツ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 2017年マイベスト45(おまけで第13回シネマ停留所映画賞)

    Excerpt: 「ベスト10」だけでは、つまらない! 全部に順位をつけましょね! という、毎年毎年恒例のお遊び。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2018-01-27 13:14
  • 2017年に観た映画 勝手にベスト10

    Excerpt: 新年明けましておめでとうごさいます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。年明けになりましたが、昨年2017年に観た映画の勝手にベスト10を決めようと思います。ブロガーの皆さんには、ベストを記事に書.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2018-02-09 14:45