rambling rose

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗黒女子

<<   作成日時 : 2018/12/06 11:17   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 2 / コメント 0

名門お嬢様高校でカリスマ的人望を集める女生徒いつみが謎の死を遂げた。いつみが会長だった文学サークルの部員達に疑いの目が向けられる中、いつみの親友・小百合は真相を探るべく部員達に彼女の死を題材にした小説を書かせる。




画像




お嬢様学校のオシャレなサロンで闇鍋はないだろ〜!(≧∇≦)

・・と、早々から気持ちよくツッコまさせてくれて(笑)
そんな独特のギャップと比例するかの様に、
自己顕示欲の塊みたいな時期のJKの暗黒っぷりがよく描かれてた。
解る気もするわ・・あ、部分的にね!(汗)

大きなツッコミドコロやちょっとした笑えるツッコミドコロがあったり、
謎解き(いわゆる羅生門式?)を
各々の創作小説の中でしてる所に引き込まれたり、
伏線も丁寧に回収してて好感が持てた。

ネタバレしそうなんで物語よりも主演達の話を・・

★学校イチのカリスマJKのいつみ役の子は、
ガッキーを大人っぽく少し地味にした感じ。
堂々とした所は悪くはなかったけど、
若干、見た目が平凡で(髪形かなぁ)華と言うか
人を惹きつける何か特別感がもう少し欲しかったかな。
「竜崎麗香」みたいな・・(行き過ぎた願望・・笑)

★学校イチ貧乏(汗)な奨学生の美礼役は平祐奈。
小説を発表する女の子達の中では唯一知ってた女優さん;;
美形だけど素朴さがあるしこの役は合ってたと思う。

★学校イチ有名人の志夜役の子は、
若手小説家として注目浴びてると言う割には
全然そんな雰囲気じゃないな〜と即思ったけど
うん、まあ・・そうね、だよね。(何・・笑) 
とりあえず、
お嬢様学校にだってこう言うタイプは必ず一人はいると思うよ!

★学校イチ・・と言うか、
学校唯一の留学生・ディアナ役の子はちょっとマネキンっぽくて
見るからにモデルっぽいんだけどどうなの?
現実と異世界とのつなぎ役、みたいな? 
で、何故にルーマニア?が潔い位にベタベタ。(笑)

★学校イチ何か・・と言うのは特にない(爆) 
けど、お料理が得意なあかね役の子は、
相武〇季を華奢にした様な感じで、
一番地味かと思いきや、意外と一番可愛いかった。
闇鍋でなく肉ジャガでヨロシク♪(←オヤヂか)

★学校イチ・・と言うか、
若手の黒一点で出てくる教師役は千葉雄大。
この俳優さん、結構他でも見るけど、
童顔で特にイケメン枠ではないと思うのに(ごめん笑)
遊び人風イケメンだけど実はいい人orその逆、
みたいなチャラいイケメン役が多い印象。
そう言えば「殿利息・・」にも出てたな・・・・・
・・・・チャラくはなかったな・・・(なんやねん)

★そして、いつみの親友の小百合役は清水富美加。 
富美加ちゃん!なんで女優辞めたし!勿体ない!
って思ってしまったくらい、
醸し出す雰囲気がすごく個性的でいい感じだった。
ホントこう言う女優さんは貴重だと思ったんだけど、
アチラの世界限定で続けてるのかしらね?(汗)

謎解き部分では、
いつみが父親に引っ張られてた所や火災の所とか(闇鍋も笑)
案外ありがちですぐに予想がつく部分はあるけど、
いやそれ予想つかんわ(禁じ手・・笑)と言うか、
今更それはないだろー・・と言うのもあって、
それはいつみの・・(以下自粛)だったんだけど、
最大のツッコミドコロがそこね。
だって何階から落ちたんよ?
そんなん操作出来るんかい?
父親はどーした?(笑)
あ、ネタバレした?ごめんね☆(ё_ё)キャハ  
言いたい放題をキャハで誤魔化す暗黒BB・・熟女。 


(監)耶雲哉治 (脚)岡田麿里 (原作)秋吉理香子
(主)清水富美加 飯豊まりえ 平祐奈 清野菜名 
玉城ティナ 小島梨里杏 升毅 千葉雄大


画像



★DVD&BD

暗黒女子 [DVD]
Happinet
2017-08-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



暗黒女子 [Blu-ray]
Happinet
2017-08-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログパーツ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『暗黒女子』(2017)
裕福な家庭の子女が集う聖母マリア女子高等学院。その経営者の娘にして全校生徒の憧れの的だった白石いつみ(飯豊まりえ)が、不可解な死を遂げた。やがて彼女が主催していた文学サークルのメンバーの誰かが、彼女を殺したのだという噂が飛び交うようになる。いつみの親友でサークルを引き継いだ澄川小百合(清水富美加)は、各自が創作した小説を持ち寄って朗読する定例会のテーマを「いつみの死」と決めた。それにより真犯人が明らかになるだろう。貧しい家庭の出身ながら憧れの学院へ入るために特待生となった二谷美礼(平祐奈)、お菓... ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2018/12/07 19:25
暗黒女子
聖母マリア女子高等学院経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった3年生・白石いつみが、校舎の屋上から落下し死亡する。 いつみが主宰していた文学サークルを、いつみの親友・澄川小百合が引き継ぎ、部員が自作の物語を朗読する定例会を開催することに。 今回のテーマは、「いつみの死」。 いつものように灯りを消した部室で、部員が持ち寄った具材を入れた“闇鍋”を食べた後、それぞれが“犯人”を告発する作品が発表されていく…。 ミステリー。 ...続きを見る
象のロケット
2018/12/18 01:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
暗黒女子 rambling rose/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる