女王陛下のお気に入り

18世紀初頭のイングランド。軍を率いるモールバラ公爵の妻サラは病弱な女王を支えつつ宮廷の実権を握っていた。そんな時、サラの従妹で上流階級から没落した娘アビゲイルが召使としてやってくる。




画像
ヨルゴス監督のエグ味がいつもよりは薄いけど(笑)
逆に取っ付きやすかったし解りやすくて良かった・・
と言うか、めっちゃ面白くてハマったわ!(≧∇≦)
粗筋だけだとよくある話なんだけど、
要所要所に待ってましたとばかりに毒を盛るヨルゴス・・
ラストなんてもう震えたわ・・最高じゃん?( ̄∇ ̄;



女王様は見た目こんな感じのお方なんだけど
(頬紅ハートじゃなかった?笑)
画像



いやもう、いつもオドオドしてて・・
最初はどーなる事かと思ったけど・・
素晴らしかったわ。(≧∇≦)



女王様に取り入るエマ石もこれ以上ない位の適役だったし、
ワイズは出てるだけで謎の安心感・・・
もうヨルゴス作品のミューズになってもいいのよ?的な。
画像





そう言えば、
羊だかプードルなホルト君も出とったよ。(ё_ё)キャハ




★DVD情報はまだありません・・
と言いたい所だったけど、
自分がご無沙汰してる間にもう発売日決まってた。(^^;
5月24日。要注目!

女王陛下のお気に入り 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2019-05-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログパーツ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 「女王陛下のお気に入り」第31回東京国際映画祭

    Excerpt: 特別招待作品。アイルランド、イギリス、アメリカ映画。監督は鬼才ヨルゴス・ランティモス。ヨルゴス・ランティモス節炸裂!!というような作品ではなかったが、それもまた良し。ヨルゴス・ランティモスってこんな(.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2019-06-27 16:15