2019年 rambling rose映画賞

大変遅くなりましたが(←恒例)令和元年のつるデミー賞の発表です。


rose-icon.gif



≪作品賞≫(三本~順不同)

「女王陛下のお気に入り」
2019tsuru-sakuhin1.jpg
(監・製)ヨルゴス・ランティモス
(主)オリビア・コールマン レイチェル・ワイズ エマ・ストーン

ヨルゴス映画にしては見た目ソフトだった分、
より落ち着いて(?)深く物語を味わえた気がしたので。


「ホテル・ムンバイ」
2019tsuru-sakuhin2.jpg
(監・脚・編集)アンソニー・マラス
(主)デヴ・パテル アーミー・ハマー

実話ベース。まずは色々な方々に見て頂きたい。
イケメン・ハマーの話はそれからだ。


「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
2019tsuru-sakuhin3.jpg
(監・脚・製)クエンティン・タランティーノ 
(主)レオナルド・ディカプリオ ブラッド・ピット

実話ベースで実話ベースじゃない(笑)
タラ神によるタラ世界を心地よく堪能出来たので。


≪最終選考まで残った作品≫
「グリーンブック」
「ジョーカー」


***-----***-----***-----***-----***-----***

≪男優賞≫
ホアキン・フェニックス 「ジョーカー」
2019tsuru-men.jpg
なんと!
「クイルズ」で第一回つるデミー男優賞を受賞し、
随分な時を経ての二度目の受賞となりました!
彼はやはり本物じゃった!おめでとう!
(そこはかとなくアイドルポーズ)

・次点
プリ男&ブラピ 「ワンス・(以下略)」
コンビとしての最大限を発揮していたので。


≪女優賞≫
オリビア・コールマン 「女王陛下のお気に入り」
2019tsuru-women.jpg
これまでほぼノーマークだったわ~ごめん!
物語と共に尻上がりに増す存在感に脱帽。
(そこはかとなく家政婦は見たみたいな)

・次点
レイチェル・ワイズ 「女王陛下のお気に入り」
埋もれず出しゃばらずに持ってく力量。


***-----***-----***-----***-----***-----***

≪監督賞≫
ヨルゴス・ランティモス 「女王陛下のお気に入り」

イミフ&イケズの両刀使いヨルゴスさん、
昨年に続きなんと今年も!
なんで? 
それがつるデミー・・
いや、たまたまだけど(笑)
でも言うなれば二連覇!ですね、
二連覇!いい響きです!(笑)

・次点
クエンティン・タランティーノ 「ワンス・(以下略)」

今回はアゴの差がちょい足りずに次点となったけど、
毎回ブレないタラ節が素晴らしい!


***-----***-----***-----***-----***-----***

≪各賞≫

★笑った~(≧▽≦)で賞
「盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~」
爆笑した覚えは特にないんだけど(え)
思い出すとつい笑ってしまうので。

・次点
「ワンス・(以下略)」
プリ男のキレ芸にちょっと笑った。(ちょっとかい)


★泣いた・・(T_T)で賞
なし。
・・って、え~っ!?
つるデミー始まって以来じゃ?
カラッカラやないか~い・・(泣←)


★ナイスガイで賞
「ワンス・(以下略)」のクリフ(ブラピ)。
男は黙ってなんとやら、
な昭和精神を思い出させてくれたので。

・次点
「グリーンブック」のリップ(ヴィゴ)。
男は黙ってなくてもビール腹、
な昭和オヤヂを思い出させてくれたので。


★素敵な女性で賞
「女王陛下のお気に入り」の女王。
いやいや、すごい女性だよ・・泣けるわ・・
(なのに泣いたで賞は無しなのね・・爆)

・次点
「イエスタデイ」のエリー。
色々あっても自分を見失わない芯の強さ!


★一人でよく頑張ったで賞
「ボーダー 二つの世界」のティーナ。
みんな違ってみんないい
・・って、違い過ぎるやないか~い!
とボケツッコミ合える世界はまだですか。

・次点
「盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~」の主人公。
物事に動じない鉄壁の真顔、頑張りました!(違)


★カップル賞
「ボーダー 二つの世界」のティーナとヴォーレ。
運命的な二人だったので。
そのまま二人でムーミン谷で暮らして欲しかったので。
2019tsuru-futari.jpg

・次点
「イエスタデイ」のジャックとエリー。
昭和(世代)の名曲にぴったりな
昭和(の香り)な二人だったので。


★チームワーク賞
「ワンス・(以下略)」の皆様。
崖っぷち組、新進組、ヒッピー組などが
個性を競い合いながら場を盛り上げていたのが
文化祭みたいで楽しかったので。
2019tsuru-nice-g.jpg

・次点
「天国でまた会おう」
しがらみを越えた信頼関係っ!


★あんたホントにそれでいいの?賞
「ゾンビランド:ダブルタップ」のコロンバス(ジェシー)。
据え膳食わぬはなんとやら?
ゾンビになって反省しなさい。

・次点
「ゾンビランド:ダブルタップ」のリトルロック。
と言うよりアビゲイルちゃん・・(トオイメ)


★誰かコイツを止めてくれ!賞
「ホテル・ムンバイ」のテロリスト。
なんか真面目に選んでしまいましたが・・
いや、いつも真面目ですが・・
コレ見たらもうそうならざるを得ないと言うか。

・次点
「グレタ」のグレタ。
バッグばっかバック買いしてんじゃないよ~。


★騙された!で賞
「ある少年の告白」
真面目に最後まで見た人へのご褒美?(汗)
てか、そこから始まる物語のが見たい様な。

・次点
「未来を乗り換えた男」
の時代・・ではなく、
美女の円熟味・・でもなく、
美女の本心・・かな?と思いつつも、
美女の存在だけで救われる世界・・?


★映像賞
「女王陛下のお気に入り」
一口に映像と言っても色んな意味があるけど、
心情の映像化がツボにハマるのは一番の快感。

・次点
「ホテル・ムンバイ」
ホテルのあの広いロビーが脳裏から離れんのよ~。


★音楽賞
「イエスタデイ」
やっぱコレかな~。
エド・シーラン頑張った!(そこ?)

・次点
「ボヘミアン・ラプソディ」
気持ち的には前年なもんで。
きゃぁ~ロジャ~~~!!!(はぁと)
↑せっかくなんで、
ロジャーLOVEだった友達の代わりに叫ぶわ。


★ファッション賞
「ちいさな独裁者」
形から入るタイプの人達の教祖になれそうだったので。
2019tsuru-fashion.jpg

・次点
「女王陛下のお気に入り」
麗しドレスと黒い眼帯が楳図ちっく。


★Z賞(いわゆる残念賞)
「永遠に僕のもの」
期待が大きかっただけにね~。
主人公が中年になってビール腹になった姿が
簡単に想像出来るのがツライ。
(ビール腹が昨年の自分的トレンド?)

・次点
(これに次点もあるんかい~)
「ドクター・スリープ」
長いしイマイチだしで、
自分が危うくミセス・スリープになりかけたので。


★掘り出した(いわゆる掘り出し物)で賞
「盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~」
歌って踊らなくても色々とヤバかったので。(笑)

・次点
「今さら言えない小さな秘密」
あんまり世の中に知られてないみたいなんで
オススメ地味映画として紹介させて頂きました。
ピアノ演奏が済むまで〇〇を待つ場面が好き。
(↑自転車関係ない場面・・笑)


★特別賞
なし。(´-ω-`)




以上、2019年のつるデミー賞でした。

年々、映画館での新作鑑賞が減ってるけど、
2020年も時間のやりくりをしながら、
怪し・・面白い映画(笑)の発掘に頑張りたいと思います。
皆様も素敵な映画に巡り合えますように!
引き続き、今年も宜しくお願いいたします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0