累 -かさね-

今は亡き伝説の女優の娘として生まれた累。彼女もまた女優になる事を夢見るが、自分の容姿に劣等感を抱き苦しんでいた。そんな時、母の知人と言う男から美しい新人女優を紹介され・・



kasane.jpg


母の遺した不思議な口紅で、
キスした相手と顔が入れ替わってしまう!

・・と言う、
リアルSNOW的おしゃれアイテムを駆使して、
顔だけきれいな三流ビッチ女優と、
アタシがアイツでアイツがアタシ!

・・なんだけど、 
元に戻れなくなるんじゃ?
って速攻思ってしまった私。(心配性)
後に、一定時間だけ、と聞いて安心したけども。

きれいな顔になって、
元々持ってる演技力で配役ゲットだぜー!な累だったけど、
帰ろうとしてる累を追っかけて来て
延々自分語りする演出家には吹いたわ。(笑) 
しかも公私混同。そのままLOVEで協力とかしちゃう?
と思ったのに、その後すぐ別れとるし。
でもそう言うの、内心踏み台だったのかな?
女優としての執念が加速してたし、
恋愛にうつつ抜かしてる場合でもないし。

あ、素朴な疑問なんですけど、
演出家とKISSして、顔は入れ替わらないの?( ̄∇ ̄;
他の誰かと入れ替わってるうちはならない? 
なったら面白かったのに~
・・って、それまた違う物語になるか。(笑)

ヒロイン二人だと、絶対対照的と思うけど、
おとなしくオドオドしてる累に対して、
ニナが予想外に暴言暴力ビッチで最初かなりヒイたわ。
あれはやりすぎでしょ。まるでヤ〇〇。 
で、驚きの病(!)から目覚めたとたんしおらしくなっちゃうし。
てか、母親、気付けよ。 
てか、母親、
あんだけの大病抱えた娘をほったらかしにしとるんかい。( ̄∇ ̄;

でも、ニナが累になった時は、
マスクで顔を隠すことなく堂々としてるのは気持ち良かった。
まあ、自分の顔じゃないし~
・・な気もちがあるから出来た事だろうし、
そう思った自分だって、自分の顔じゃないし~
・・な気持ちがあるからだろうけど、
卑屈になって暗くなるより、
開き直った方が人生進展する様な気はするもんで。

伝説の女優である母親が実は・・ 
ってのは、ちょっとスッキリしなかった。
累は口紅の事は貰うまで知らなかったんだよね?
累の演技力が母譲りと言う事は、
顔がよろしくない方の娘って事よね?
だから累の容姿もイマイチだったんだよね?
容姿コンプレックスは事故の傷のせいかと思ってたけど
(そもそも芳根京子が美人・・笑)
元々イマイチの上に事故の傷が重なっての
ダブルパンチって事だったのかな? 
顔がいい方の娘なら大根だろうし。
って事は、累は母の本当の顔を知らないの?
あれ?でも親戚とは一応付き合いあるよね?
母の事は周囲にはばれてないの?
ばれないって意味では顔のいい方の娘だった方が
すんなりいく気はするんだけど?
なんか勘違いしてる?(混乱)
あと、羽生田の母親への執着っぷりは、
「エリザベス∞・・」の博士な感じなのかなあ?

主人公の名前や一定時刻に解ける魔法、臨む演目、
を運命に重ねてたのには興味ひかれたし、
思いがけず土屋太鳳の踊りが良くて見入ってしまった。
普通にフツーのアイドル女優かと思ってたけど(普通×2)
これからはちょっと見方が変わりそう。
芳根京子もあんな暗い役だったけど、
主演二人は頑張ってて好感が持てた。

「顔だけ借りて行きます」の書き置きには笑った。
後にも先にも、こんな書き置き絶対ないでしょ。(笑)  


(監)佐藤祐市 (脚)黒岩勉 (原作)松浦だるま
(主)土屋太鳳 芳根京子 浅野忠信 檀れい 横山裕 
筒井真理子 生田智子 村井國夫  

kasane1.jpg






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0