キツツキと雨

妻を亡くし息子と二人で暮らす木こりの岸。いつもの様に林で仕事に励んでいると突然見知らぬ男が現れ、静かにして欲しいと言い出す。なんでも近くで映画の撮影?をしている?とか?



kitsutsuki-ame.jpg


最初の、
木こりの岸さんと映画撮影の人との「間」が・・(笑)
いや、でもそうだよね、 
「は?」 だよね。 
当たり前だよ、映画撮影隊、図々しいわ、
己の為に世界回ってるんじゃないぞ?
・・って思ってたら、
この「は?」は本当に解ってなかったみたいで(笑) 
そんな、エンタメに無関心な岸さんに早くも好感。

なので、
そのまま無関心のままなのか?と思ってたら、
あんな風になっちゃって。(笑)
なんか、全然畑違い(林違い?)の事を
変に拒否するでもなく、
求められれば不器用にも一生懸命やる岸さん、
いいキャラだったなあ。

でもそこは人間なもんで、
家では息子とイマイチな関係でさ。 
でも、映画に関わる事、
あの若手監督等とのアレコレで自分の世界が自然と広がって、
それがいい風に周りの空気も変えていってさ、
息子も元々悪い子じゃないし、
やるときゃやる男なのを、
岸さんも素直に解ってやれて良かった。
あの親戚への反論もスッキリ~。
ああ言う親戚っているよね~どこにでも。(笑)

撮影を通して、
みんなちょっとずつでも前に進めたと言うか、
成長したよね。
走れはしないけど、前に進んだよね。
ゾンビみたいに!!!Σ( ̄ロ ̄

一番成長出来たのはあの監督かもしれんけどね。
いや、あの監督、気弱すぎでしょ。
よく監督になれたな。ちょっとイラッとしたわ。(笑)
最初、何の担当かわからない時は、
もしや新人俳優?と思ったんだけどね。
実力ないのにゴリ押しされてる新人俳優。(爆)
でも監督やったね・・気、弱すぎだっつーの。 
そして映画はB級カルトのニオイしかしない。(笑)

雨の現場での岸さんは頼もしかったな。
だてに木こりをやってる訳じゃない!
木こりは木を切るだけだと思うなよ!
な、お天気おじさんの岸さん、さすがだったわ。
仕事に誇りをもってしっかりやってるからこそよね。

あの手作りの監督椅子も良かったね。
温かいエールの一生もんやんね。
それと村の皆がゾンビ顔になってるのは面白かった。
「ゾンビの里」として村おこしするのも有りかと。(笑)

これ、BS無料の時にたまたま見たって感じだったけど、
思いがけずハートフルで癒される作品だったわ。
エンディングの曲は星野源だったけど。
(あ、いや、なんでもないです・・笑) 


(監・脚)沖田修一 (脚)守屋文雄
(主)役所広司 小栗旬 古館寛治 黒田大輔 臼田あさ美 
高良健吾 森下能幸 高橋努 嶋田久作 平田満 
伊武雅刀 山崎努 りりィ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0